読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
犬に関する様々な情報を提供します

ウィジードッグクラブは、JDAの卒業生たちで運営されています!

 

最初にクリックをお願いします!


にほんブログ村

 

ジャパンドッグアカデミーを卒業すると、

ウィジードッグクラブに所属して、ドッグトレーナーかドッグセラピストとして

活動できるフィールドが用意されています。

ここで簡単にウィジードッグクラブを紹介すると、

全国の大手ホームセンターと提携して、

しつけ教室を運営しながら、福祉施設、病院、そして学校などに

セラピードッグを派遣し、ドッグダンスのイベントにも出演する

ジャパンドッグアカデミー卒業生のための企業です。

 

f:id:japandogacademy:20161123123807p:plain

(ロイヤルホームセンター戸塚深谷店のセミナールーム)

 

犬を使ってお金を儲けることに反対されるご意見を耳にします。

宗教的な思想なのか、その方の道徳観、または嫌悪感なのかはつかめませんが、

たしかに、動物愛護法が制定される以前のペット業界は、

犬や猫たちに目をそむけるほど酷い扱いをしている業者も多くありましたから、

そこが大きな原因なのかも知れません。

しかし、現在のペット業界は、動物たちの環境が改善されて、

間違いなく悪質業者を排除する傾向となっています。

最近では、大手のフードメーカーが率先して動物保護を提唱する動きも出てきたことから、

法の整備と、そう言った方々のご意見が、反映されてきたのでしょう。

 

では、動物保護などを運営しているボランティア団体の実情は、

活動するための資金不足が一番の悩みとなっています。

犬たち、猫たちを守る気持ちが、あふれるほどあったとしても、

お金がなければ思いを達することはできません。

 

最近、頻発して発覚している政治家による政治活動費の詐欺事件!

報道を目にするたびに、こんな最低な政治家たちに

私たちの税金が使われている事実に憤りを持つと同時に、

犬や猫たちを献身的に保護してくれているボランティア団体に

使って欲しいと思っているのですが・・・

皆さんはいかがでしょうか?

 

犬や猫たちの幸せを守ることに限らず、

何か社会に貢献する活動を始めようとしても、

必ずクリアーしなければならないことが、お金の問題となってしまうのです。

 

話は変わりますが、JDAを卒業した土井理恵さんが、

埼玉県のホームズ草加舎人店で、しつけセミナー講師デビューしました! 

土井さんは、元警察犬の訓練士さんです。

リタイアされた後、長年のブランクがあり、JDAで最先端のレーニングを学びなおして

犬たちを守るためにチャレンジです。

 

 f:id:japandogacademy:20161123123911j:plain

土井理恵ドッグトレーナー(写真右の女性)です。

おやつを持っていますが、犬のおやつではありません!(笑)

写真左は高坂さんです。JDAを卒業して来年の2月から

カインズ前橋みなみ店でしつけ教室講師デビューします。

 

JDAに入学される方の志は、

犬たちと一緒に仕事がしたい。

犬たちを守りたい。

犬たちと社会に貢献したい。

 

その気持ちの多くに、お金儲けは入っていません。

でも、お金があれば犬たちを守る多くの活動が行えます。

それらをコーディネートするのが、ウィジードッグクラブなのです!

 

 

ドッグダンスヨガが、ヤフーニュース、神戸新聞に掲載されました!

12月9日神戸ハーバーランドでイベントを開催します。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本

 

最初にクリックをお願いします!


にほんブログ村