読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
犬に関する様々な情報を提供します

教えます!ドッグトレーニング上達法

最初にクリックをお願いします!


にほんブログ村

 

私が主宰するウィジードッグクラブには、ドッグトレーニングが、

さほど上手くなくてもセミナーの売り上げを伸ばしている

ドッグトレーナー達が複数存在しています。

 

その人たちの共通点は、人柄がよく、明るく、無駄口を慎み、

他人様の悪口は言わない、そして親身になってクライアント(飼い主さん)が

抱える問題に向きあっています。

 

反対に、ドッグトレーニングが、伸びない、上手くならない理由にも

共通点がありました。

現状のスキルで満足している。トレーニングする時間がないと決めている。

最初から上手くなるなんて私には無理と諦めてしまっている。

などの要因があるようです。

 

そんな人たちに「トレーニングが、もっと上手くなれば売り上げが増えるよ!」

なんて、野暮なことを言っても逆効果ですから言いません。

内発的に動機づけられた行為に対して、外的な報酬をもらうと、

その行動に対する動機が下がる、

「アンダーマイニング効果」が機能するので、

あくまで本人の自主性に委ねています。

 

分かりやすく言えば、献身的にボランティアをしている人に、

お金を払うから、もっとやってよ。と言ってるようなもので、

「わたしはお金では動きたくありません。」

「お金目当てでやってると思ってるの!」ってな反撃が、

すかさず返ってくることは目に見えています。

 

 f:id:japandogacademy:20161206184826j:plain

 

話はもどりますが、トレーニングが上手くなれば、

クライアント(飼い主さん)の幅と層が広がるので、売り上げが増えることは

言うまでもありません。

 

JDA卒業生たちの別のグループでは、「チーム1」と呼ばれる

トレーニングチームを編成しています。

参加するメンバーたちの目標は、華麗なドッグダンスを踊ること!

今年のウィジードッグクラブドッグダンス競技会の入賞者のほとんどが、

このチーム1のメンバーで占めていますから、これからの有望株として、

大いに期待しております。

 

 

f:id:japandogacademy:20161109224808j:plain

 

ここでチーム1のトレーニング方法を少しだけ紹介すると、

よく耳にする言葉に「わたしトレーニング頑張ります。」ってなことを

言ってくれるトレーナーがいます。

自分の態度を言葉にして明確にしようとしているのでしょうが、

 

でも、チーム1では、この言葉はご法度!

無理に頑張らなくてもいいんです。

その代わり、「わたしトレーニングをやり切ります。」と、

笑顔で言い直し、決意を固めてもらっています。

 

なんだか、強制的に言わせるスパルタチームのようですが、

そんなことはありません。

全ての行動は、脳の指令から発信されるので、

まず言葉を用いて脳に指示を伝達します。

先ほどの「あたし頑張ります。」程度の弱い言葉では、

脳に強烈に伝達されません。

中途半端な意味合いの言葉を用いると、脳は曖昧に処理してしまい、

途中で挫折する確率が高くなってしまいます。

これは心理学理論に照らし合わせたメンタル改善プログラムです。

 

次に大事なことは、本人が過去に経験した正と負の出来事を思い出して、

その事実を肯定します。

あの時に、あの人がこんなことを言ったからとか、

結果を他者に転換しないで全て自分の考えと、行動によるものとして

認めるということです。

 

そして、その経緯に至った過程で発生した、「心の汚染」と呼ばれる

思い込みから開放することに着手します。

もし、過去に失敗した経験がトラウマとして残っているようであれば、

それを打ち消す作業も同時に行います。

 

がむしゃらにトレーニングを始める前に、

まずメンタル面をクリアにしておいてから、トレーニングが始まります。

トレーニングプログラムは、本人の気づきを促すために、

ティーチングでは行わずに、講師と生徒が一緒に解決に向けて考える

ファシリテーションで進めていきます。

互いに解決策を考えながら、思考力を養ない立体的に学びます。

そうすることで、習慣化された思考と行動に決別し変化させれば、

自然に体が動きだして、今まで出来なかったことが、

出来るようになるから不思議です。

 

自分はダメだ、出来ないと思い込んでいれば、

そこから一歩も進めません。

思考とメンタル面の改善強化で、恐怖、あきらめ、自信喪失などの束縛を

受けずに、がんじがらめになっている心の呪縛を解き放ち、

自由な立場と行動を原点にすれば、目標を見失うこともなく、

必然的に成果が上がるということです。

 

私にしては珍しく難しく、長~い文章になりました。

あ~疲れたw、文字からの呪縛を解き放ちます(笑)

次回は、ドッグトレーニング上達法 その2を紹介しますね。

 

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

代表 島本洋介

 

最後にクリックをお願いします!


にほんブログ村