読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
犬に関する様々な情報を提供します

ドッグダンス教えます!ドッグトレーニング上達法!その4

 

  最初にクリックをお願いします!


にほんブログ村

 

カラオケに行ってきました!

自慢じゃないけど、オフコースの「さよなら」なんか歌わせたら

かなり上手いレベルだったんですけど、久しぶりに行くとダメっすね。

「咽の調子が悪くて、声が出なかったw」なんてことを普通の人は言いますが

自称、カラオケプロの私は、「声が響かなかった」と言ってます。

 

ボイトレを練習していない人のほとんどが、声帯だけで歌っています。

実はこれって、声がこもって美しい歌声になりません。

そこに音程なんかズラされて歌われると、

一緒にカラオケに行った人にとってはWの悲劇!最悪~www

「イェーイ!」とか、「十八番上手いね!」なんてことを笑顔でいいながら盛り上げてくれますが、

「早く、終われへんかな!」とか、「えっ!まだ歌うの?!」とか

心の中では違うことを囁いているんですよ。マジで!

カラオケ行くなら上手な方がいいのかも

 

そこで、自称、プロカラオケ歌手でもある島本からの耳より情報

咽、口、鼻、そして身体全体を響かせて歌えば、

声は倍音に変化して、明るく美しい歌声が相手に届きます!

これを共鳴腔(きょうめいくう)と呼び、ボイトレでの必修科目

「今さら、ボイトレなんか習えませんわ!」って人向けに、

誰でもできる簡単な発声方法を伝授しましょう。

 

まず、自分の身体全体を声の発声源として意識します。

ちょうどギターやバイオリンのボディーと同じと考えましょう。

鼻で息を吸い、ドレミファソラシドを横隔膜を動かしながら、

ドドドド、レレレレと各4回ずつ腹式発生で歌います。

音域を上げていけば、高い声も出るようになりますから、

いずれソプラノ歌手も夢です!w・・・絶対になれません。(笑)

 

このトレーニングを一か月も練習すると、

「あの人、いつの間にカラオケ上手くなったん!」とか、

「お願い、もう一度聞かせて!」と周りの人たちからせがまれて拍手喝采!

たとえ、あなたがマイクを離さない性格であっても絶対に嫌われませんw 

 

ここでドッグトレーニング教えます!その4

このカラオケの発声法で、ドッグトレーニングを行います。

犬は感性が高く、人間よりも聴覚が発達していますから、

うわずった声や、濁声などでコマンドされるよりも手を叩いて喜びます。

嘘です!拍手は期待できませんが、

スムーズなトレーニング展開が期待できますから試してください。

その時に、上達法その3で紹介した語尾を下げてコマンドすれば、

犬たちは、あなたの虜になって、じっと見つめてくれるでしょう(笑)

 

コマンドのトーンの参考にケイグラントさんの「あまい囁き」を聞いてください。

最近、こんな甘いセリフを嫁に言っても、もう相手にされましぇん(泣)

ひたすら愛犬のあんずに「素敵だ~!」と連発しておるのですw イェーイ!

 

 

 
あまい囁き 〜Parole Parole〜 / ケイ・グラント

 

 

  最後にクリックをお願いします!


にほんブログ村