犬に関する様々な情報を提供します

ドッグダンス!教えますドッグトレーニング上達法!その6

 

  最初にクリックをお願いします!


にほんブログ村

 

今日は、東京トレ-二ングセンターの大掃除!

これで2016年の仕事がすべて終わりました。

 

もういくつ寝るとお正月~(^^♪ !

私のお正月の楽しみ!

それはお酒、お節料理に見向きもせずに

お餅をお腹いっぱい食べることでしてね。

それもお雑煮が大好物!

 

 f:id:japandogacademy:20161230011413j:plain

 

関西では、白みそ仕立てで丸餅のお雑煮をいただきますが、

こちら関東では、カツオと昆布だしの澄まし汁で角餅のお雑煮!

うちの実家は関西ですが、どういう訳か?すまし汁の雑煮

関東出身の嫁は、白みその雑煮!

あべこべですが、お餅さえ入っていればなんでもOK

お正月の3が日だけで、軽く50個は食べるかなw

悩みの種は、お正月が終わると体重が5キロ以上は増えてることw

気にしてるんですがお餅食べます! 

それでは、2016年最後のブログ!いつも以上に真剣に書きます。

 

ドッグトレーニング教えます!その6「褒美の考え方」

 

愛犬セミナーに参加された経験がある方は、

「上手くいったら誉めて、おやつか、おもちゃを褒美にあげてください。」

と、ドッグトレーナーの先生から耳にタコができるほど聞かされているでしょう。

 

犬が望む行為を、人(飼い主)が望む行為に誘導してコントロールする。

それがドッグトレーニングですから、これはお決まりのセオリー!

ただ、犬も心ある生き物、なんでもかんでも、それで解決できるかと云えば

そうじゃありまへんってことを心理学的見地から教えますね。

 

例えば、犬は吠える行為を望んでいて

人は吠えない行為を望んでいる場合、

まず、犬にマテをしながら、吠えてはいけないことを、

誉めながら、物を与えながら、オペラント条件付けの

正の強化(Positive Reinforcement)で教えます。

ドッグトレーナーによっては叱責しながら

負の強化(Negative Reinforcement)で教えることもします。

 

スポーツ選手の指導に使われているコーチング理論はご存知と思いますが、

本来のコーチングは、心理学をベースに構成されてますから負の強化は一切使いません。

 

どこかの国の選手の様に、メダルを取らなければ強制収容所に送られる!

こんな状況におかれた選手は必死のパッチになりますから、

コーチから罵声を浴びようが、

時には体罰として殴られようが、

逃げることが出来ないため猛然とトレーニングに励むしか手段はありまへん(涙)www

 

しかし、自由な国で活躍する選手にとり、この方法は酷く耐え難いことw

スパルタで一時的に成績が伸びて、メダルを勝ち得たとしても、

「あたし、もう無理ですw」とか言いながら、やめてしまいます。

せっかく培ってきたトレーニングを途中で投げ出してしまう

これは、もったいない!

 

ドッグトレーニングは、犬の本能とは真逆のことを教えますから、

強制収容所送りをちらつかせた外的コントロールよりも、

犬にポジティブな状態を与えて、やる気を持続させて伸ばしてあげた方が

いきいきとトレーニングしてくれますから、望ましいことは言うまでもありません。

 

さて、ここまでは普通のお話、ここからが本題!

 

認知的不協和の提唱者、心理学者レオン・フェスティンガーとJ.M.カールスミスは、

報酬の多いグループと、少ないグループに面白くない仕事をさせて、

とても面白い仕事だったと嘘をつく「1ドルの報酬実験」を行いました。

すると、自分に嘘をつく不本意な行為に対して、

報酬の多いグループは、最後まで自分を誤魔化すことが出来ません。

では、報酬の少ないグループは?

不本意な嘘を正当化することで、面白くない仕事を面白かったと、

最後まで自分を誤魔化したのです。

 

トレーニング教えます!その1で紹介した「アンダーマイニング現象」が機能したケースです。

 

 

とすれば・・・ここでも犬の心理は同じこと!

ドッグトレーニングは、犬の本能とは真逆のことを教えますから、

この1ドルの報酬実験、アンダーマイニング現象が、

犬の心理状態を左右して機能するのです。

どういうことかと云えば

 

犬への報酬、誉めすぎ、物の与え過ぎは効果が・・・ありまへん!

 

 f:id:japandogacademy:20161229141743j:plain

 

本来のコーチングは、深層心理から成功に導く法則を

心理学をベースに組み立てていますから、非常に効率の良い指導方法なんですね。

ドッグトレーニンングに、心理学、コーティング理論を実践した方が断然お得になります!

 

もっと簡単に言えば、私の大好きなお雑煮も、

お正月の3が日に食べるから50個も食べられるのであって、

365日、毎日お雑煮を食べさせられれば、

いくら餅好きの私でも飽きて、見たくなくなるでしょう。

毎日、見ていて飽きないのは、嫁だけということですね。(笑)

 

2016年は、色々な出来事があり、多くの方々と多くの犬たちに

会うことができました。

一つでも二つでも、お役に立てたかと考えれば反省することも多く

新しく迎える2017年に持ち越すことになります。

 

皆様にとり、新年が良き年であることを祈っています。 

f:id:japandogacademy:20161229190326j:plain

 

 2016年のすべてに感謝!

ジャパンドッグアカデミー、ウィジードッグクラブ

代表 島本洋介

 

  最後にクリックをお願いします!


にほんブログ村