読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
犬に関する様々な情報を提供します

マッサージでケガの予防

 

最初にクリックをお願いします!


にほんブログ村

スポーツをしている時など、人に見られている時やここ一番!というときに限って

筋肉が攣る事ってありませんか?

そして、身体を痛める…。

 

スポーツ心理学では、心理的ストレスと怪我には密接な関係があるそうです。

心理的に緊張すると筋肉も緊張し、柔軟性の低下を招きます。

それを頑張って無理に動かそうとして、筋肉が攣ったりケガをしたりするわけです。

 

これは犬でもいえる事で、犬を委縮させて緊張状態でドッグダンスなどを行うと、

怪我をさせる原因になります。

また、人間と同じように普段の生活で緊張やストレスがかかると日常的に筋肉にコリができて怪我をしやすくなります。

 

トレーニングや普段から犬を委縮させない事は当たり前ですが、

普段のマッサージなどのケアも必要です。

 

ウィジードッグクラブでは、JDA講師の田端トレーナーを中心に

犬のリンパマッサージを行っています。

 

f:id:japandogacademy:20170217223907j:plain

コリがある部分には老廃物やリンパ液が停滞しています。

だからこそマッサージをして老廃物を流して排出しないといけません。

でも、ただ単にマッサージをすればいい訳では無く、

骨格や関節、筋肉の動きや向きなどを知って、

それに合わせてマッサージを行う必要があります。

 

昨日、ウィジードッグクラブのトレーナー達が集まり、

コリとほぐれた時の違いを指先で感じる勉強会をしました。

 

f:id:japandogacademy:20170217223955j:plain

(メンバーは、亀井さん、中畑さん、新倉さん、齋藤さん、竹村さん、北林さん、水野さん、満田さん、蓮さん、山田さん、遠藤さん、佐々木さんの12名が参加です。)

 

この技術が身につけば各教室で、ドッグダンスを行っている犬や老犬に

マッサージができるようになります。

 

JDAでもこの勉強会を行っていければと考えています。

 

愛犬が年をとっても飼い主さんと一緒に色んな所に出かけられるように!

ウィジードッグクラブの願いです。

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本 洋介

 

 

最後にクリックをお願いします!


にほんブログ村