犬に関する様々な情報を提供します

犬の思い込みをなくす!

最初にクリックをお願いします! 


にほんブログ村

 

1匹のノミがいます。

ノミは1ミリ~4ミリの小さな生き物ですが、約80センチの高さまでジャンプします。人間に例えると、ピョン!と飛ぶと東京タワーのてっぺんまで飛べる高さ。

 

そんなノミに、40センチの高さの箱に閉じ込めます。

それを3分~5分置いて箱から出すと・・・・。

 

ノミは40センチしか飛べなくなるそうです。

 

犬も人も思い込みと言うのは実に厄介です。

 

ドッグダンス競技会を観ていてふと思いました。

例えば、競技会でトレーナーから離れていく指示で「GO!」という指示を入れます。

でも、犬は5メートルくらいしか離れません。

トレーナーはもっと離れてほしいので「GO!GO!GO!」と必死で連呼します。

 

多分、犬は5メートルのトレーニングしかしてこなかったんでしょうね。

 

犬は普段のトレーニングで積み重ねられた思い込み以上は動けません!

また、その思い込みを書き換えるのはとても大変なことです。

 

f:id:japandogacademy:20170419235531j:plain

日常生活でも、いつも同じパターンのトレーニングをしていると、

犬はパターンを思い込むようになり、応用の利かない犬になります。

 

そうなるとドッグダンス競技会など、人も犬も緊張する場面で

少しタイミングがずれただけで、犬は「あれ?」と混乱するようになります。

 

そのことを踏まえたトレーニングが必要ということです。

 

解決方法としては、

1.本番に近い環境をつくる。

2.基本訓練でパターン化したトレーニングをせずに常に犬に刺激を与え続ける

刺激を与え続けると犬はパターン化せず常に考えるようになります。

3.環境が変わっても対応できるトレーニングを行う工夫をする事。

例えば、5メートルと言う距離を覚えさせるのではなく、壁に行けば褒めるという教え方。

4.出来る犬を目の前で見せる。

 

色んな方法があります。

出来るところから行うといいかもしれませんね。

 

ちなみに、ノミの場合、40センチしか飛べなくなったノミをもう一度80センチ飛べるようにする方法があります。

それは、80センチ飛ぶノミと一緒の部屋に入れる事だそうですよ!

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本

 

最後にクリックをお願いします! 


にほんブログ村