犬に関する様々な情報を提供します

 「あかんで!」よりも基本トレーニング!

最初にクリックをお願いします! 


にほんブログ村

 

私が東京に赴任した10数年前のこと、

愛犬の要求吠えに困り果てたセレブな奥様から相談を受けたことがあります。

スレンダーなスタイルに、綺麗に染めたブラウンのヘアー、品のある洋服、

東京の女性は、関西の女性と一味違うんだなと思っていましたが、

先輩から、神戸、芦屋、手塚山には、セレブな女性はたくさんいるよと聞かされて、

関西の南部で生まれ育ったせいか、関西の実情を知らなかった自分を、

恥ずかしく思ったことがありました。

 

話を戻します。

セレブな奥様の要求吠えへの対処方法を聞くと、本を読んで無視しているとのこと・・・

 

行動学上では、要求に対する無視は有効となりますが、

でもこちらの愛犬に効果がない!

 

早く帰りたかったのか、タイミング良くこのワンちゃん、要求吠えを始めてくれました。

そこで、いつも通りのことを見せていただくと

「ママは〇○ちゃんのこと知らない!プイッ!」と背中を向けて無視のポーズ

しかし、20秒ほど経つと、また吠える愛犬に振り向いて、

「もう!知らないんだからね!」と同じ行動

またまた、20秒ほどしたら「本当に知らない!」の繰り返し?

 

20秒毎に犬の相手をしていて、それでは無視にならないことを説明すると、

「え~!あれは無視じゃないんですか?」と驚いた様子

 

無視(反応が無い)というのは、とても難しいものだと思います。

というのも、無視をする度合いが犬によって違いがあり、

悪くすると、一時的に行動を増長させてしまうからです。

 

これを行動分析学では、『消去急騰』『消去バースト』と呼びます。

この動画を見れば一時的に行動が増えているのが分かります。

(犬も同じなんです)

 

無駄吠え、要求吠えで困ることは、日本の住環境です。

近隣の住民からの苦情を考えると放置することはできないでしょう。

 

そこで問題行動のある犬には、無視よりも基本トレーニングをお勧めします。

吠える犬に、どうして基本トレーニングが有効なのか?

指示したことを、犬が理解して従うことがポイントです。

 

その関係が築ければ、問題に対しての「ダメ!」も理解するようになります。

しかも、犬の問題が起きる前に予防できるようになると、より効果を発揮します。

 

冒頭でお話したセレブな奥様の愛犬も、基本トレーニングを始めてから

吠えなくなりました。

いけないことをした瞬間、もしくはその前に「あかんで!」と、

愛犬に伝えているそうです。

 

東京のセレブな奥様が「あかんで!」と、関西弁で注意するその背景には、

東京の生活に慣れていなかった関西人の私が指導したことと、

セレブな奥様は、生粋の江戸っ子ではなく、東北岩手県のお生まれだったので、

抵抗なく関西弁を受け入れてくれたのでしょうね。(笑)

 

「あかんで!」

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本 洋介

 

最後にクリックをお願いします! 


にほんブログ村