読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
犬に関する様々な情報を提供します

子供の頃のトラウマ!?

最初にクリックをお願いします! 


にほんブログ村

 

 

朝の6時半頃、小学校の前を通るとお父さんたちの長蛇の列!

最近の小学校の運動会は、秋に行わずこの時期に変わったんですね。

かけっこは、みんなで手をつないで一緒にゴールする。

平等の精神を優先し、子供たちに順位をつけず競争をさせない教育だそうです。

 

そういえば、これがベストですよと教わったことが、歳月の移り変わりで大きく変わります。

例えば、昭和40年代の歯磨き方法は、上の歯は上から下に、下の歯は下から上へ磨くように

教えていたそうです。

 

しかし、その磨き方では歯垢がとれない!

そこで、私たちの世代になると、歯と歯茎の境目に歯ブラシを横にあてて磨くようにと変更されました。

最近、また変更されて、歯ブラシを縦にして磨くことを推奨しています。

 

新しいものを発見して、その有効性が認められれば、躊躇いなく変更する。

なかなか勇気のいる決断ですが、そうやって人類は進化を遂げてきたのですから

素直に受け入れて、それに従った方が得なんでしょうね。

 

ドッグトレーニングも進化しています。

ジャパンドッグアカデミーでは、未経験者をいかに早く上達してもらうかを考えて、

プログラムを構成していますが、過去2回大きくプログラムを変更しています。

これもトレーニング技術の進化のためです。

 

ただ変更してはいけないことが、犬への対応です。

犬との対応は、一貫性を求められます。

同じ状況下に置かれながら、周囲の変化に合わせて違う指針を示すことを、

行動学ではダブルスタンダード二重規範)と呼んでいます。

例えば、誰も見ていない時の対応と、他人が周囲にいた時の対応が違うと、

犬にとっては、ダブルスタンダードになり、大変困惑しますから避けた方が良いでしょう。

 

f:id:japandogacademy:20170520200309j:plain

 

もっと、分かりやすいケースを紹介すると、

私が小学生の時に、友人とふざけていたら、

それを見ていた先生は、友人には注意だけですませて、私には頭をバチン!と叩きました!

信じられない教師の対応に、困惑して、いじけましたw

それからというもの、大人を信じることが出来ない暗い小学生になりました。(泣)

 

ダブルスタンダード二重規範)はご法度!

これは身を持って体験していますから、自信をもって言えることです。(笑)

  

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本 洋介

 

最初にクリックをお願いします! 


にほんブログ村