犬に関する様々な情報を提供します

ドッグダンス必勝法part4 「リズムに乗るな!」

 クリック応援お願いします! 


にほんブログ村

 

右手で△を描いて、左手で□を描くことできますか?

 

この動きはパラレルアクションと言います。

運動する時、脳内の前頭前野が動きを運動野という部位に命令を送ります。

左右が同じ動きをする場合は、前頭前野は1回の命令をするだけで

運動野が身体を動かし続けます。

ところが、左右別の動きをすると前頭前野は常に命令を出し続け刺激が入った

状態になります。

これはトレーニングでできるようになってきます。

 

ドッグダンスもこの考えはとても重要なのです。

 

ドッグダンスのトレーニングをしているとたいていの人は

犬に指示を入れる時に、音楽の1カウント目に合わせて指示を入れます。

そうすると、犬も指示を入れられてから動き出すので、

動きだした時にはリズムにずれた動きになっているのです。

 

動画を見てください!

 
ドッグダンスのコツ

  

ダンスをしている人間からするとリズムに合わせて

1カウント目に指示を入れるのはとてもやりやすいんです。

でも、実際はパートナーの反応速度に合わせて、

早めに指示を入れます。

 

犬に「遅い!もっと早く動け!」と要求している場合、

まずは指示の入れるタイミングを思い出してください。

 

犬に無茶な事を言っているとかもしれません。

 

ドッグダンスでは、指示はリズムに乗るな!です。

 

でも、レベルが上がって来たら指示をリズムに載せても大丈夫!

その時はすでに身体の動きで覚えているので!

 

普段から右手で△、左手で□というトレーニングもしておくと

この能力を鍛えられるかもしれません。

 

私はどちらかと言うと、認知症の予防の為にやります(笑)

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本 洋介

 

 

 クリック応援お願いします! 


にほんブログ村