犬に関する様々な情報を提供します

キングコブラを売るなよ!

 クリック応援お願いします! 


にほんブログ村

 

15年以上も前になりますが、大阪のペットショップに行った時、

爬虫類売り場にキングコブラが売っていました!

ショーケースの紹介文には、象をも一撃で倒す猛毒!と書かれています。

お値段なんと100万円!新車の軽自動車が買える値段です。

 

f:id:japandogacademy:20170604172745j:plain

 

こんなの買う人いるのかな!と考えるのは、ごくごく普通の考えですが、

世の中には、変わった人がいて、ヘビやトカゲが大好きな趣向の人が、大勢いるからペットショップも販売しています。

 

キングコブラに興味を持ったお客さんが、コブラの毒について聞いているので、聞き耳を立てると、

毒腺を抜いていて噛まれても安心、証明書も一応ついているとのこと

 

東京の人は、その回答で納得しますが、

そこは大阪!

毒腺を一応抜いているのであれば、噛まれて見せてくださいよとツッコみます。 

店員さんは思わず手を後ろに隠して「絶対に嫌です!!」とのこと(笑)

 

一週間ほどして、キングコブラを見に行くと、価格が50万円に値下げしていました。

いくら爬虫類愛好家と言えど、さすがに買う人はいなかったようです。

 

先日、静岡県の動物園から体長1メートルのオオトカゲが脱走して話題になっていました。

もう見つかったのでしょうか?

ペットが多種多様となってきて、日本の自然、山、川、湖の生態系が破壊されています。

輸入して人儲けを企んだペット業者も、購入して放棄した購買者も、

そこまで考えが及ばなかったんでしょうかね。

 

あるテレビ番組で、引き取り業者のインタビューを紹介していました。

動物の愛護及び管理に関する法律」が改正されて、

保健所はペットの引き取りを拒否できるようになりましたが、

ペットショップや、不要になった犬猫を有料で引き取る業者が出没しています。

犬の顔が『諭吉3枚』に見えるとも報道されていました。

 

規制が厳しくなり、人気のない山奥に安く土地を借りて、プレハブ小屋を建て、

無理な繁殖を続けているブリーダーがまだいるそうです。 

法律が変わっても、モラルに訴えても、一向に変わらない現状が続いています。

ルールを守らない悪徳業者には、毒腺を抜いたキングコブラに噛まれてもらうとかの

法規制が必要かもしれませんね。

 

 

f:id:japandogacademy:20170604172813j:plain

 

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本 洋介

 

 クリック応援お願いします! 


にほんブログ村