犬に関する様々な情報を提供します

反抗期こそトレーニングを入れる時期!

クリック応援お願いします! 


にほんブログ村

 

「ご飯の器を取ろうとしたら本気で噛んできたので相談にきました。

小学生の娘には唸る事もあります。」

 

犬種は北海道犬と柴犬のミックスで10カ月の子。

 

ヒグマにも向かっていく北海道犬と猪に向かっていく柴犬の遺伝子を持っている…。

これはきちんとしないと、大変なことになります!

 

仔犬には反抗期と言われる時期があります。

私の経験上、8~10カ月齢の犬たちです。

この時期の犬は

  • きつめの甘噛みをする
  • わかっているのにいう事を聞かない
  • 唸ったり・噛みつくしぐさをする
  • 吠えるようになる 
  • 警戒心が出てくる など

問題が出てきます。

 

上記のワンちゃんもまさに、反抗期。

 

幸いな事に反抗期は「飼い主さんを試す」時期でもあるので、

この時期に迅速に対応すれば、それ以降の生活は楽になります。

 

その適正な方法とは、基本トレーニングを入れること。

 

アイコンタクト、オスワリ、フセ、マテ、横について歩くヒールです。

たったこれだけです。\(◎o◎)/!

 

と言っても犬と飼い主さんの『関係性』を見た上で、

譲らない関係なのか?安心させる関係なのか?冷静に対応する関係なのか?

もっと楽しくする関係なのか?をドッグトレーナーが判断し、

飼い主さんに指導をします。

 

北海道と柴犬のミックスのワンちゃんは

娘さんが頑固になる関係をつくることで、1ヵ月で唸りはなくなりました。

 

犬の反抗期、適正に対応することで今後を左右しますよ!

 

こんなワンちゃんにならないように!(笑)

 

感謝

ジャパンドッグアカデミー・ウィジードッグクラブ

島本 洋介

 

 クリック応援お願いします! 


にほんブログ村